ねこ整骨院

整骨院院長臨床心理士、猫5匹と先生のブログです。お問い合わせなどは moamoablack@gmail.com にお願いします。

7/16 今日は何の日

今日はアポロ11号打ち上げ50周年の日です。

 

 

 

 

アメリカ航空宇宙局(NASA)による人類初の月への有人宇宙飛行計画であるアポロ計画、その中で初めて月面着陸を成し遂げたアポロ11号の乗組員はニール・アームストロング、マイケル・コリンズ、バズ・オルドリンの三名です。

中でもアームストロングは「これは人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な跳躍だ」というセリフで非常に有名ですね。

事の発端は1961年、当時の大統領ジョン・F・ケネディが「10年以内に人類を月へ到達させる」と発言したことですが、その道のりは遠く険しいものでした。

当時のアメリカ航空宇宙局の技術はソビエト連邦にやや遅れをとっていた状況で、1961年4月12日、「地球は青かった」「神はいなかった」と発言したユーリ・ガガーリンらを乗せたボストーク1号が地球の軌道上を旋回する事に先だって成功していた事も、アポロ計画を大きく推し進める要因となりました。

アポロ計画は最初は無人での飛行実験を行い、3回のテスト飛行は成功。そして迎えた1967年1月27日アポロ計画第一回の有人実験は、宇宙に飛びもせず発射台の上で司令船が燃えて失敗に終わります。

その2年後、1968年10月11日に第二回目の有人実験を行い、11日間に渡り地球を旋回しました。

その後も数回に分けて月軌道上を旋回したり、船外活動における安全性の実験を行い、そして遂に1969年7月16日、初の有人月面着陸が成し遂げられたのです。 この大成功をもってアメリカ合衆国は宇宙開発競争に勝利しましたが、実はアポロ計画はこの6年後の1975年で予算の関係から中止に追い込まれています。 宇宙のロマンは素晴らしいですが、想像を絶するお金がかかるみたいですね。

例えば宇宙服、こちらもスペースシャトル用に米国が開発した船外活動用宇宙服は、100万ドル(約1億円)、生命維持装置が900万ドル(約9億5千万円)で合わせて1,000万ドル(約10億5千万円)します。

この宇宙服もNASAには、宇宙服が11着しかなく、しかも大幅に不足しているというのです。

今後も宇宙開発はして行くようですが月や火星に移住なんて日はまだ何世代も先の話のようですね。

 

 

国土交通Day

2001年(平成13年)に国土交通省が制定。 1999年(平成11年)のこの日、「国土交通省設置法」が公布された。記念日が制定された2001年(平成13年)は国土交通省の発足した年。国土交通行政に関する意義・目的・重要性を理解する日。この日を中心に国土交通省関係施設の見学会、国営公園の無料開放などが行われている。

こちらは日常にはあまり関係なく「国土交通省設置法」も一体なんだそれって感じですね、

 

最近のおすすめ

ジェットウォッシャー!

 


口腔洗浄器 ジェットウォッシャー 歯矯正清潔 口腔ケア 7本ノズル&舌クリーナー 10段階水圧調節可能 600ml水タンク 歯間ジェット洗浄 口臭防止 歯垢落とす 食べカス取る 家庭用

www.nekoseikotuinn.work

 

 

今日のねこ

ç»å

 

ʍȌ